健康的な飲みやすい青汁ですっきり生活

青汁は健康食品?栄養補助食品?

青汁は健康食品?栄養補助食品?

現在、日本には数多くの健康補助食品や栄養補助食品といわれているものが販売されています。

では、健康補助食品と栄養補助食品の違いは何なんでしょうか。

健康補助食品といわれているものは、食の欧米化や外食などによって偏った食生活へと変化している日本の食事によって不足している健康を維持するための栄養素を補うためのもので、栄養補助食品といわれているものは、昔からみると、栄養価が半分くらいしかないといわれている今日の野菜では、1日に摂取しなければいけない栄養を毎日の食生活では取るのが難しくなってきているため、それを補うためのもののようです。

健康補助食品や栄養補助食品ときいて、誰もがまず思い浮かべるのは青汁ではないでしょうか。

苦くておいしくないというイメージが強いですが、近年では飲みやすい青汁が数多く販売されています。

栄養を補うもの、健康を補助するものとして青汁は有名ではありますが、どちらかというと、健康補助食品の部類に入るようです。

粉末状のものが多いですが、粒タイプのものなどもあり、品種改良された飲みやすい青汁が人気が出ているようです。

健康食品の代表、青汁は日本人の強い味方

健康食品と聞いて、誰もが知っていて思い浮かぶもののひとつにあげられるのは、青汁ではないでしょうか。

ケールや大麦若葉、明日菜、小松菜、よもぎなどの緑葉食野菜を絞って出た汁のことを青汁といいます。

これは、昔から日本独自にこういった緑葉食野菜を青菜といっていることが由来となっているようです。

昔から九州地方で野菜を摂取するために飲まれてきましたが、バラエティー番組の罰ゲームなどによって、全国に知られるようになりましたが、大麦若葉などを使用し、品種改良され、飲みやすい青汁が販売されるようになり、全国的にも飲まれるようになりました。

飲みやすい青汁を購入

緑葉食野菜に限らず、現在とれる野菜の栄養価は、昔の半分くらいといわれています。

昔の倍の野菜をとらないと必要な栄養を補えないとなると、とても食べきれないので、こういった健康補助食品に頼らざるおえないのが現状なのかもしれません。

健康補助食品の代表ともいえる青汁が、飲みやすい青汁として販売されるようになったことは、現在の日本人にとって、心強い味方ともいえますよね。